信楽の地域情報


まる八徳利の狸の置物は江戸時代から存在していたようですが、今日、陶器狸といえば信楽と言われるほど日本中に信楽狸を浸透させた第一人者は、この「狸庵」初代の藤原銕造さん(明治9年生~昭和41年)であり、信楽狸の元祖と言っても過言でないのが、このお店「狸庵」さんになります。


三重から9才の時、京都の伯父のもとに引き取られ、清水で修行、11才頃からロクロをひいていたといわれる初代の銕造さんは、その修行中に音羽川河原で大小の狸たちが跳ねたり、クルクル走りまわる、いわゆる狸の腹鼓を目撃され、「可愛いなぁ」と記憶に留められていたとか。銕造さんはその後昭和10年頃に日本一大きな土瓶制作依頼を受け、大物なら清水より信楽でと思い立って移住されますが、夢で「狸をつくりなさい」とのお告げを受け、陶製狸の置物づくりに専念されることになります。
当初はコツコツと作られていた狸ですが、昭和26年11月に、昭和天皇が信楽を行幸された際、沿道に旗をもった陶製狸を並べてお迎えしたことを、天皇が大変お気に召され、「をさなどき あつめしからになつかしも 信楽焼の狸をみれば」と詠われた歌がマスコミ報道されたのをきっかけに、信楽狸が全国的に大流行することになりました。

好みは人それぞれでしょうが、訪れたお客さまの大半の感想は「狸の愛嬌が違う」「お店に入ると元気になる」などで評判も高く、これは元祖のお店のなせる技でしょう。

お店の2階には初代からの作品が展示され、徳利狸から派生した様々なユニーク狸の作品も陳列されています。現在三代目を継がれている藤原一暁さんも、陶器作家としての腕を磨き狸作りに情熱を注がれています。ユニークな狸としては、ケーキ屋さんから依頼のあったケーキ狸や警官狸などを考案。これからは鋳型の狸は止め、より手づくりの作家性と腕を活かした信楽狸の創作に専念されるそうです。

陶器狸のコレクションに狸庵さん作の狸を是非加えてみてください。


 

インフォメーション
たぬきの元祖 たぬきや総本家 株式会社 狸庵
http://shop.shigaraki-labo.co.jp/

〒529-1811 滋賀県甲賀市信楽町江田957番地
電話:0748-82-0214  FAX:0748-82-3583



上へ
紫香楽ラボ株式会社 ーJAPAN CULTURE DISING 未来史耕創智企業ー 
〒529-1802 滋賀県甲賀市信楽町大字黄瀬2321番地1  TEL:0748-83-8255 FAX:0748-83-8233
お問い合わせ 紫香楽ラボオンラインショップ